【 キャンピングカーがやって来た 】

 

2019年04月25日

 

昨年10月の注文から待つこと約半年

平成の終わりも近付いた4月22日

遂にM・HORUEVAがやって来た。

 

大型トラックに載せられ運ばれてきたエム・ホルーヴァ

しかし、自宅周辺には大型トラックを停められる場所がなかったため

適当な場所を探すため走り回り

最終的に公園の有料駐車場まで移動し無事納車。

 

サブバッテリーやベッド展開など説明を受けたが

嬉しさで舞い上がり何となくしか覚えていない…。

まぁ、実際に乗って覚えるしかないか。

 

翌々日、

ガソリンを満タンにし荷物を積み込んで五日市街道を走る。

ベースカーがライトエーストラックということもあってか

アクセルを踏み込んだ際の加速のモタツキが気になる。

慣れてしまえば問題ないが高速などで追い抜く際などはどうかな?

 

とはいえ、

アクセルを踏み込み過ぎるとテーブルに置いた荷物が散乱するため

急発進だけでなく急ハンドル、急ブレーキも厳禁だ。

走行時はダイネットのテーブルに物は置かない方が良い。

滑り止めシートも検討したい。

 

晴れの日のバックモニターは反射や白飛びで見づらい。

 

そんな事を考えながら

辿り着いたのは「昭島温泉 湯楽の里」。

温泉に入ったあとはコンビニの駐車場に移動し仮眠。

 

ベッド展開に10分くらい格闘した。

小さな荷物を適当に置くとすぐ見当たらなくなる。

ネットが繋がればテレビは無くても問題ない。

仮眠時は時折雨が降っていたが雨音はそれほど気にならなかった。

夜間の室内温21℃、湿度は70%だったが風もあり快適に過ごせた。

 

仮眠途中、腹痛に襲われ2度ほどコンビニのトイレを借りることに。

車中泊ではトイレを確保することが最重要かも。

 

いろいろ課題が見つかったところで予行練習は終了。

渋滞に巻き込まれないよう明け方に帰宅。

 

次回はキャンプに必要な道具を買いに行きたいと思う。

エムホルーヴァ
エムホルーヴァ

TOP

戻る

2004 Hiroshi Murakami/MugenPictures All right reserved.