【 キャンピングカーの駐車場 】

 

2019年02月27日

 

昨年末に確認した際は空いていた自宅アパートの駐車場。

キャンピングカーの完成が近いので

そろそろ管理会社に契約書を依頼しようと電話をしたところ

 

満車という聞きたくなかった応えが…。

 

やばい。

 

速攻で電話を切り

ネットで検索するも候補となる物件が見つからない。

自宅周辺は住宅地で駅も近く駐車場が少ないのだ。

 

空きがあっても自宅からはかなり距離がある。

1kmなんて離れてたら車に乗る気も失せるだろう。

駐車場まで自転車なんて考えられないし

雨の日はどうすんだよ。

たとえ300mだって歩きたくない。

目の前にあった駐車場がなくなった今は100mさえも遠く感じる。

 

すがる思いで近所の不動産屋にも数件駆け込んでみたが玉砕。

 

ただ、以前ほど焦りはなかった。

近所に駐車場ないことが分かったことで諦めがついたというべきか。

まさに清清しい思いだった。

 

なぜなら、

私は不動産屋が知らない情報を握っているからだ。

ネット検索でも引っ掛からない闇の情報だ。

 

それは、

以前から向かいのマンションの駐車場に

他県ナンバーの錆びれた怪しげなベンツが

止まっていることに違和感を感じていた。

 

さらに、

そのマンションは最近満室になったにも関わらず

駐車場にはその車以外止まっていないことも感じ取っていた。

 

 

もう、ここしかない。

 

 

しかし、

本当に空いているか分からない。

空いていたとしても借りれるかは別問題だろう。

ダメだった場合は1km歩くほかない…。

 

壁に掲載されている管理会社へ電話し

空きが有ることを確認。

あとは住人以外への貸し出しを

マンションオーナーが許可するか否かだ…。

 

待つこと二日。

無事、駐車場契約の許可が下りた。

当初の想定より駐車料金が高かったことが残念だ。

 

TOP

戻る

2004 Hiroshi Murakami/MugenPictures All right reserved.